Home > 会社情報 > 経営方針

経営方針

日本精機は、常に柔軟な発想と迅速・果敢なチャレンジ精神で経営課題に取り組み、全てのステークホルダーに満足と高い信頼を得られるよう努めてまいります。

経営理念 4つの大切 企業文化
もの造り企業として 品質方針 中期経営方針

経営理念

顧客の立場に立って
価値の高い製品を提供することにより
社会の繁栄に貢献する

このページのトップへ戻る

4つの大切

当社グループは、「志」「社会」「お客様」「人」という4つの要素を、グループ経営の礎として、いつまでも変えることなく大切にしてまいります。

志(強い意志)をもって努力を重ねることにより、高い目標を実現する。
社会 法令遵守や環境保全、株主との良好な関係の構築などを通じ、社会的な責任を果たしていく。
お客様 負けないQ(品質)D(納期)C(コスト)D(技術)により、お客様の満足度の向上に努める。
社員個々人の能力を高め、それを存分に発揮できる仕組みにより、個人と会社の両方が成長していける関係を大切にする。

このページのトップへ戻る

企業文化

当社グループでは、質・実・簡・迅の企業文化を築き上げ、 ”芯から強い会社” となることを目指しています。

質・実・簡・迅=本質・現実・簡素・迅速
(本質的なことを現実に基づきシンプルに素速く実行すること。)

このページのトップへ戻る

もの造り企業として

私たちは、日本精機型EMS(=NEMS ネムス)を極め、進化させていくことで、成長を目指します。

NEMSとは、基板実装・接続技術を核に、日本精機グループの多様な保有技術の更なる進化・結集及びそのシナジー効果により、電子機器製品・メカトロニクス製品の分野において、他社を上回る付加価値をお客様に提案・提供し、「もの造り企業集団」としての拡大成長を図るという考え方をあらわしています。

日本精機グループの保有技術(設計技術と製造技術のエンジニアリングシステム)
1) 設計技術 : システム、ソフト、回路、外装、光学、表示、ムーブメント、金型、設備
2) 製造技術 : 実装(高密度実装・接続)、組立(自動化含)、表示デバイス、精密金型加工、
樹脂材料加工(着色・コンパウンド)、樹脂成型、印刷、蒸着(薄膜形成)

このページのトップへ戻る

品質方針

品質方針

当社は、車載、民生、ディスプレイ製品を始めとする電子機器・メカトロニクス製品の企画・設計・開発・
製造・販売のすべての活動において、品質第一の考えのもと顧客ニーズを満たし、業界一の品質・技術
の確立を目指し、以下の方針に従い活動します。

(1) 製品が法規制、顧客の要求事項、機能安全要件を満たし、期待通りであるか分析・評価し、
顧客満足の達成を目指します。
(2) 優位性のある、Q(品質)、D(納期)、C(コスト)、D(技術)の確立を目指します。
(3) 品質方針を達成するために、品質目標を事業計画の中に設定し展開を図ります。
(4) これらを達成するため品質マネジメントシステムを構築し、継続的に改善します。

行動指針

1. 品質体質の強化
問題の原因を正しく分析し、体質的な真の原因を把握し、対策を講じるとともに、
問題発生の可能性を想定し、予知、予防を図る。
2. 5ゲン主義
現場へ行き、現物・現実をデータ分析で確認し、原理・原則にもとづいて迅速に行動し、
問題を解決する。
3. PDCAと改善活動
すべての業務において、P、D、C、Aの管理サイクルをきちんと回し、常に現状の改善を行い、
ムリ、ムダ、ムラを省く活動を行う。
4. 全員参加
すべての部門のすべての人の参加によるTQM活動を行い、業務の標準化、
マニュアル化を進め、品質向上、効率向上をめざす。

〇品質方針の周知徹底
品質方針は、社長が策定する。品質方針は、文書化され、これを記載したTQMノート
を従業員へ配布して、部門長が朝会、会議等で説明し徹底する。
品質方針を当社ホームページに掲載し、公表する。

〇品質方針の見直し
品質方針の改訂は、定期に毎年1回(原則として1月)、経営者による品質マネジメント
システムの見直しの一環として、品質システム見直し会議においてその必要性につき審
議し、品質管理責任者がその決定を行い社長の署名を以って改訂する。

このページのトップへ戻る

中期経営方針

1) 「品質」 を企業の信用および競争力の根幹に据え、品質マネジメントの仕組みを強化する。
2) グローバルでの競争に勝ち残るために 「もの造り総合力」 を強化する。
3) 将来の飛躍を確実なものとするために、「組織効率」 を向上させる。
[先手を打って自ら考え(課題発見)、行動(解決)するために「自律考動型組織」を定着させる。]
4) 連結での収益確保・拡大のために、グループ各社の 「役割・機能の再編・強化」 を推進する。
5) 社会の中で歓迎される存在であり続けるために 「企業の社会的責任」 を遂行する。

このページのトップへ戻る