製造・量産

仕事がうまくいくと、思わずガッツポーズ!

南村 崇人Minamimura Takahito
生産技術部 生産技術2
金沢大学大学院 理工学域 機械工学類 卒業
2015年 新卒入社

01,仕事の内容

より良いものを、
より安く作る手法を考える。

生産に関わる要素技術開発を担当。様々な加工や組み立ての中で、より良いものを、より安く作る手法の確立をめざしています。印象的だったのは、ロボットを搬入した時。フォークリフトで降ろしてもらって、みんなで支えながら作業場に設置。「何ができるだろう?」という期待とともに、新たな課題と出会った瞬間でした。大変なのは、必要とあらば何でもやらなければならないところ。ロボットティーチングや機械設計、配線、画像処理、プログラミングなどなど。一方で、自分が開発したものがうまく動いた時はジャンプするほど嬉しいです。配線の時も、画像認識を設定した時も、一人でガッツポーズをしたことが実は何度かあります。

02,今後の目標

新しいことをするために、
新しい技術を得たい。

私のグループでは、よく機械の周りに数人が集まって「あーでもない、こーでもない」と話し合っている光景を目にします。みんなで意見を出し合いながらテーマを進めています。他の人のアドバイスや意見がきっかけで、新しい検討が始まったり。そういう気付きやひらめきを形にしていくのは楽しいです。もちろん苦労もありますが…。入社2年目までは製品の組み立て方などを決める工程設計業務を担当し、3年目から現在の要素技術開発になりました。今後の目標は、エンジニアとしての技術習得です。新しいことをするためには、新しい技術や知識の習得が必要不可欠です。もっと新しい、おもしろいことをしたいと思うので、頑張りたいです。

Q&A/質問でわかる日本精機社員

学生時代に頑張ったことを教えてください。
アーチェリー。
休日の過ごし方を教えてください。
インドア。雪が積もったらスキー。
学生と社会人の違いはどんなところだと思いますか?
結果が自分だけでなく、会社の評価として返ってくるところ。
趣味(最近ハマっていることなど)を教えてください。
持っている本の電子化、ホットワイン。
日本精機の社員はどのような人物が多いですか?
意外と、年中半袖。
日本精機を一言で表現するとどんな会社ですか?
堅実。

OTHER INTERVIEW

PAGE TOP