Home > 採用情報 > 新卒採用 > 教育・研修

教育・研修

日本精機では、グローバル競争に勝ち残るために先手を打って自ら考え、行動する「自律考動型」
人材の育成を基本方針とし、階層別教育の実施、通信教育の推奨等を行っています。
ここでは特に、新入社員が受講する主な教育・研修についてご紹介します。※2016年度実績


日本精機 教育・研修 グローバル競争に勝ち残るための「自律考動型」人材の育成をめざしています。

1. 入社前教育・研修(10~3月)

内定者専用のコミュニティサイトを立ち上げ、これを中心にeラーニングによる基本的なビジネスマナー・スキルの学習をはじめ、内定者同士及び会社との活発な情報交換・交流や連絡を行っています。

◆コミュニティサイト

 内定者専用のコミュニティサイトでは、eラーニングでビジネスマナー・スキルの学習をするだけで
 なく、会社からの連絡や内定者同士の情報交換の場として使用しています。

◆通信教育

 日本精機グループオリジナルのテキストを使用し、日本精機で活躍するために必要な知識・考え方を
 学びます。

◆内定者懇談会・懇親会の開催

 同期となる仲間と親交を深める機会として、内定期間中に3回程度開催しています。
 社屋や工場の見学、先輩社員との交流、懇親パーティと、毎回大賑わいです。

◆入社前宿泊研修

 宿泊研修で、グループ演習なども入れながら、社会人としての心構えや行動、当社の事業や
 製品概要などについて学びます。


2. 新入社員教育・研修(4~9月下旬)

全体で以下の集中研修を行った後に、各配属先でOJT等を実施していきます。

(1)事業内容教育・研修
(2)英語集中研修/英語によるビジネスプレゼンテーションなどを学習 (約1カ月)
(3)原価計算研修・財務分析研修/工業簿記2級レベルまでの内容を学習 (約1カ月)
(4)QC研修
(5)ロジカル・ライティング研修
(6)知的財産研修
(7)製造現場実習 (約3カ月)


3. 同期学習会(7~3月・月1回)

新入社員は入社して1年の間、定期的に学習会に参加します。自分自身のキャリアについて考えたり、自己成長に必要な知識を身につけることを目的としています(セルフマネジメント力の構築)。

(1)コミュニケーション研修
(2)キャリアに関する研修
(3)健康・食生活研修  など


4. 語学研修/世界のビジネスで通用する語学力を磨いています

当社の社内には語学研修を実施するセンターがあります。現在は英語、中国語の講師が在籍し、業務で特に語学力が必要となる部門の社員や海外赴任予定者などに対し、語学研修を実施しています。
また、会社ではTOEIC IPテストや中国語検定試験を実施しており、この結果が賞与に反映されるというユニークな制度もあります。
社外施設としては英会話センタープロトを運営しており、地域の方と一緒に社員も語学力の向上に励んでいます。

<<グローバル人材の育成>>

当社ではグローバルで活躍する人材の育成を推進する一環として、外国語能力の強化に取り組んでいます。

現在(2016年12月時点)、英語ではTOEIC800点以上の社員が正規社員比率で9.0%、900点以上の社員が3.0%です。

なお、海外出身の社員も多く在籍しており、日本語・英語・母国語を使い、世界と日本の架け橋として活躍しています。(日本語能力試験N1を取得している外国人社員も多数おります。)

日本精機 教育・研修 語学研修風景

英語の研修風景。基本的な発音からビジネスに必要な表現まで、各自のレベルに合わせ一つひとつ丁寧な指導を受けることができます。



このページのトップへ戻る