Home > トピックス > お知らせ > 「人とくるまのテクノロジー展2015」に出展

「人とくるまのテクノロジー展2015」に出展

 日本精機株式会社(本社:新潟県長岡市、社長:高田 博俊)は、5月20日(水)から5月22日(金)までパシフィコ横浜にて開催される「人とくるまのテクノロジー展2015」(主催:自動車技術会)に出展します。日本精機が追求する普遍的な価値「見えないものを見えるようにすることで安心と感動を提供する」を展示コンセプトとして、製品および技術を紹介します。

 HMI(Human-Machine Interface)の分野に関しては、ウエアラブルと自動運転が普及する将来を見据えた次世代のコックピットコンセプトを展示します。
 「以心伝心コックピット」と名付けた次世代のコックピットは、人の気持ちを「理解」+「先読」+「提供」できるインパネを体感できる体験型展示とし、日本精機が考える次世代の「安心」と「感動」を表現します。
 「安心」の側面では、わかりやすく瞬時把握可能な表示表現による“伝える安心”、生体情報に連携した情報提供システムによる“見守る安心”を提供します。
 「感動」の側面では、機能と造形を一体化した次世代表示器による“見せる感動”、空気を読んで状況に応じた最適なモノ/コトだけを提供する“見せない感動”を提供します。
 いずれも、自動運転と手動運転が切り替わる時代において、人の欲求を先読みすることで過剰な情報提供を避け、必要な時に最適な表現による情報提供を行うことで安心かつ感動できるHMIを目指します。



「以心伝心コックピット」モックアップ イメージ図



 日本精機がトップシェアを占めるヘッドアップディスプレイ(以下:HUD)の分野に関しては、これまで培ってきた光学技術をベースにした新開発の革新型HUD「2-Plane HUD」を展示します。
 遠近の2画面表示だけでなく世界で初めて表示距離が連続的に変化する傾斜面を有していることを特徴とします。絶えず周辺環境との相対的距離が変化するくるまにおいて自然な情報提供を可能にします。また、表示距離を各種ステータス情報と動的な運転支援情報とを2画面で空間的に切り分けて表示することで、多様化するドライバーへの情報に対応し、視線移動や焦点の調整をより少なくすることで視認性の向上に貢献します。
 この2つの表示像は1つの表示デバイスによって生成される日本精機独自の新技術で実現され、既存のHUDと同程度のパッケージサイズで実現可能です。

 「つながるくるま」の分野に関しては、日本精機が考える”つながる”「安心」と「感動」を実現する各種製品を展示します。特に、スマートフォンなど各種機器とくるまをつなぐだけでなく、車両情報と位置・姿勢情報を統合的に提供することを可能とする拡張ユニット「Info Extender Unit」は、くるまに持ち込まれる様々な機器の連携ベースとなることが期待されます。

 「見えないものを見えるようにする」ための情報の入口となる「測る」の分野に関しては、各種車載用センサを展示します。「液位」「回転」「位置」「圧力」のセンサ群はいずれも小型・高精度を狙った製品であり、くるまの効率化・きめ細やかな制御に貢献します。



ブースイメージ図



■主な展示品の概要

「以心伝心コックピット」Advanced Safe-i System

2-Plane HUD

「つながるメータ」スマートフォン連携メータ

Info Extender Unit

Smart Adapter W

 

以 上