Home > トピックス > お知らせ > 第8回国際カーエレクトロニクス技術展に出展

第8回国際カーエレクトロニクス技術展

■ 開催期間 2016年1月13(水)~15日(金)
■ 会場 東京ビッグサイト (東京国際展示場)
■ 出展ブース 小間番号 W5-1 西展示棟1F: 電子部品/材料ゾーン
■   展示予定内容

『見えないものを測り、安全性・環境性・快適性の向上につなげます。 』をコンセプトとし、高信頼の各種センサ群(角度,ストローク,圧力,回転,液位)につきまして量産品・新規開発品の展示を行います。ぜひ弊社ブースへお越しください。

<展示品>
・角度センサ
360deg.の角度範囲を磁気変換素子を用いて検出する角度センサ。
無接点式の為、接点式と比較して高耐久性を実現しています。

・ストロークセンサ
リニアストローク量を非接触で検出するストロークセンサ。
磁気変換素子を用い約100mmの広範囲ストローク量の検出が可能です。

・圧力センサ
トランスミッションへの内蔵可能な、高精度・高温対応・小型油圧センサ。
ピエゾ抵抗シリコンダイヤフラム方式、-40~+150℃の幅広い温度範囲で±2%FSの高精度を達成。
複数個を一体化したモジュールにてコストダウンを図ります。

・回転センサ
ギヤの凹凸変化を磁気変換素子にて検出し、歯数と等しいパルスを出力する非接触式の回転センサ。
極低速からの回転検出が可能です。

・液位センサ
アルコール含有燃料をはじめとする様々な燃料類の液位を検出を可能にした車載用液位センサ。
リニア出力磁気変換素子を採用し無接点化を実現し接点障害のリスクを排除。出力方式はアナログ、デジタルに対応可能です。

この他にも各種センサを展示いたします。

◆出展ブースのイメージ

■ 関連サイト

第8回国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) オフィシャルサイト
http://www.car-ele.jp/

■ 展示品の紹介 NS_Sensor_AutomotiveWorld2016.pdf