Home > トピックス > ニュースリリース > システム子会社、沖縄にソフトウェアの設計開発拠点を開設

ニュースリリース

システム子会社、沖縄にソフトウェアの設計開発拠点を開設

日本精機株式会社(本社:新潟県長岡市、社長:高田博俊)の連結子会社で、情報システムの構築・運用・管理を手掛ける株式会社NS・コンピュータサービス (本社:新潟県長岡市、社長:上村正雄、以下NSCS)は、ソフトウェア開発強化のため2014年8月25日 沖縄那覇市に設計開発拠点(事業所)を開設しました。

新拠点「沖縄デベロップメントセンター」はITで地域振興を目指す沖縄において、現地のパートナー様との事業提携や現地での採用活動を行い、規模の拡大を目指す計画です。

NSCSでは日本を中心にベトナムなどでもソフトウェアの設計開発を行っていますが、事業拡大のための基盤づくりや開発体制の更なる拡充を図ることを目的に、沖縄での新拠点開設を決めたものです。新拠点では、当初は長岡や東京各拠点の要件定義に基づく概要設計~ソフトウェア開発を担当します。

なお、NSCSにおいてはIDCサービスにて、お客様のシステムをお預かりし、運用保守を行うクラウドサービスを事業展開しておりますが、将来的にはクラウド事業における運用及びコールセンターも行えるように沖縄デベロップメントセンターを発展させて参ります。

 

<NSCSの概要>

社 名 株式会社NS・コンピュータサービス
設 立 1985年
所在地 新潟県長岡市
資本金 3億2,300万円
出資比率 日本精機株式会社 100%
事業内容 システム開発、システム運用、アプリケーションソフト開発・販売、   インターネット関連サービス
社 長 上村 正雄
従業員 464人(2014年4月)


以  上