労働安全衛生への取組み

労働安全衛生方針

当社は、安全の理念である 「 人間尊重 」 を基盤に、製品や部品の開発・設計・資材調達・製造・販売・品質保証などのグローバルかつ多岐にわたる事業活動を通じ、経営理念を実現するとともにこれらの活動を通じ「 労働安全衛生 」に関するリスクおよび機会に対する継続的かつ積極的な取組みを向上・推進し、労働災害の撲滅を目指します。

特に 「 労働安全衛生 」 は経営の基盤となる重要課題の一つとして位置づけ、働く人一人ひとりのたゆまぬ安全意識の高揚につなげるものとします。

(1) 全ての事業領域において、関係法令等の遵守と安全目標の達成に取り組みます。

(2) 全ての働く人が 「 安全第一 」 の安全行動意識を高めるため、責任と行動をさらに促す仕組み作りに努めます。

(3) 全部門で職場の潜在的危険性や有害性および機会をリスクアセスメントにより調査・評価し、継続的改善に努めます。

(4) 当社は、各職場の実情に合致したきめ細かな労働安全衛生活動を実施するため、労働安全衛生目標を定め、事業計画に折込み推進します。

(5) 働く人の心の健康は、働く人とその家族の幸福な生活のために、また事業場の生産性および活気のある職場づくりのために重要な課題であることを認識し、法令の遵守、働く人および働く人の代表とのコミュニケーションの活性化などを含めた広い意味での心の健康づくりに取り組みます。

(6) 全ての働く人が労働安全衛生マネジメントシステムを実行し、維持し、継続的に改善していきます。

(7) 働く人および働く人の代表の協議および参加へのコミットメントを推進します。

2020年5月1日
日本精機株式会社
代表取締役社長 社長執行役員
佐藤 守人