Policy|経営理念・方針

経営理念体系

経営理念体系図

経営理念

顧客の立場に立って価値の高い製品を提供することにより社会の繁栄に貢献する

企業文化

「質・実・簡・迅」

当社グループでは、質・実・簡・迅の企業文化を築き上げ、 ”芯から強い会社” となることを目指しています。
質・実・簡・迅 = 本質・現実・簡素・迅速
(本質的なことを現実に基づきシンプルに素早く実行すること。)

経営ビジョン

Facing the future/Challenge & Change/ for 2030

日本精機グループは、技術により、世界の人々に安心・安全、そして、感動を提供する
トータルソリューションカンパニーを目指します

経営ビジョン内容図
経営ビジョン内容図
経営ビジョン計画図

行動指針

  • 1.原価改善に対する強い執着心を持つ
  • 2.現状に満足せず、改革にチャレンジする
  • 3.判断・実行のスピードを上げる
  • 4.自ら組織を牽引する気概を持つ
  • 5.視点・発想を変えて、粘り強く挑戦する
  • 6.仕組み化して組織力を向上させる

中期経営方針

車載事業の経営基盤強化と、サービスを含む事業間連携による新しいビジネスの創造
   1. 収益力の強化     2. 経営の効率化     3. 新規ビジネスの実現

車載事業の経営基盤強化と、サービスを含む事業間連携による新しいビジネスの創造
1. 収益力の強化
2. 経営の効率化
3. 新規ビジネスの実現

次世代新事業の創出
  • ■各事業を主軸として本社機能軸の強みを連携するとともに、収益基盤構築と事業投資を計画的に行い、グループ連結の収益性を改善する。  
  • ■事業戦略をグローバル展開するため、各地域の特徴に沿った統括機能を設定し、地域戦略により最大利益を生み出す。  
  • ■社会・マーケット・ステークホルダーのニーズを獲得し、自社の資本を活用して、次世代に向けた新事業を創出する。  

品質方針

NSグループは、車載、民生、ディスプレイ製品を始めとする電子機器・メカトロニクス製品の企画・設計・開発・製造・販売のすべての活動において、品質第一の考えのもと顧客要求を満たし、業界一の品質・技術の確立を目指し、以下の事項に従い活動します。

  • (1) 製品が法規制、顧客要求事項、機能安全要件を満たし、適合しているか分析・評価し、顧客満足の向上を図ります。
  • (2) 優位性のある、Q(品質)、D(納期)、C(コスト)、D(技術) の目標を掲げ、これを達成します。
  • (3) 品質目標の達成を事業計画に含め、経営重点事項として展開します。
  • (4) これらを徹底するため、品質マネジメントシステムを継続的に改善します。