Efforts for Social|社会への取り組み

基本的な考え方

当社グループは、無機質な生産効率の向上に傾倒せず、法令順守および従業員の人権尊重のもとで、当社グループの掲げる経営理念に則した企業運営を目指します。
そして、人材・安全・品質のマネジメントおよび地域社会への貢献活動を以て、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

自社技術を活かし、社会課題に対応した製品開発を行い、社会に貢献します。また、従業員の健康増進も広義の社会解題と捉え、健康経営の充実を推進してまいります。

社会課題への対応

ニューノーマルの時代に当社”Made in 長岡”の技術で貢献するため、2021年6月10日、磯田長岡市長を表敬訪問し開発した製品2点を報告。市長からは、「ビジネスユース、公共サービスニーズに沿った可能性を感じますのでモニター使用し市民の意見をフィードバックいたします。」とのお言葉を頂きました。
また、「市民・学生の新しい感性を活かし長岡のイノベーションとして、「米百俵プレイス」「NaDeC BASE(ナデックベース)」[市内コワーキングスペース]での事業創造の活動に日本精機さんも加わって、アイデアを活用して頂ければと思います。」と官民協同のお声がけも頂きました。

社会課題への対応

[参加者]長岡市/磯田市長、高見副市長、長谷川商工部長  当社/佐藤社長、沼屋執行役員(技術本部)、宮澤執行役員(民生ビジネス本部)
Telepre(テレプレ)/CO2Lamp(CO2ランプ)Telepre(テレプレ)/CO2Lamp(CO2ランプ)

健康経営の推進

当社グループでは、健康経営の推進に取り組んでいます。

日本精機グループ健康宣言

「経営理念の実現には、従業員とその家族が心身ともに健康で、幸せであることが不可欠です。私たち日本精機グループは、従業員が、健康で、いきいきと、仕事にやりがいを感じ、チャレンジができるよう積極的に支援し、安心・安全で、持続可能な社会の実現に貢献していきます。」

当社グループは、社員の安全と衛生、健康を確保し、快適な職場環境を形成するため、関連法規および当社が定める「労働安全衛生方針」に基づいた体制を構築しています。社員の心身の健康保持・増進においては、保健師、産業カウンセラー、産業医等との連携・支援体制を確立。各種カウンセリング/相談を受けられる体制を整え、各種健康診断結果に対するフォローや定期的メンタルヘルスチェックの実施、健康管理に関する研修、食生活指導など、きめ細かなサポートを行っています。

表彰実績1健康寿命をのばそう!アワード|表彰実績2健康経営優良法人 表彰実績1健康寿命をのばそう!アワード|表彰実績2健康経営優良法人

地域社会への貢献活動

地域のまつりへの参加/協賛

日本精機の本社所在地・新潟県長岡市は、第2次世界大戦時の空襲で多くの犠牲者が出た地域です。
長岡市では、毎年8月、恒久平和への祈りを込めて「長岡まつり」が開催され、当社グループは民謡流しへの参加や、全国でも有数の規模を誇る大花火大会への協賛活動を行い、地域活性化に貢献しています。

長岡まつり
ボランティア活動

当社では、例年ボランティアサークルが中心となり、長岡大花火大会クリーン作戦、植樹活動、使用済み割り箸等の収集ボランティアなど、様々な活動を行っています。

ボランティア活動


スポーツ振興 / 地域活性化

当社は2021年6月に「株式会社アルビレックス新潟レディース」の「にいがた活性パートナー」企業に就任しました。
地域と世界を結ぶ豊かなスポーツ文化の創造に貢献するアルビレックスに共感し、子ども達へのサッカー教室の開催等、アルビレックス新潟レディースと協力し、社員ボランティアの参画などを行います。

アルビレックス新潟レディース
当社海外現地法人における社会貢献活動|タイニッポンセイキ(タイ王国)|ニッポンセイキ・デ・メヒコ(メキシコ合衆国) 当社海外現地法人における社会貢献活動|タイニッポンセイキ(タイ王国)|ニッポンセイキ・デ・メヒコ(メキシコ合衆国)