Home > トピックス > ニュースリリース > 計器事業で中国合弁を完全子会社化

ニュースリリース

計器事業で中国合弁を完全子会社化

日本精機株式会社(本社:新潟県長岡市、社長:永井正二)は、中国において二輪車用計器の生産・販売を手掛ける合弁会社への出資比率を、2009年7月 30日に80%から100%に引き上げ、完全子会社と致しました。また、これに先立ち、2009年6月20日付けで同社の社名を「慈渓政通電子有限公司」 から「浙江日精儀器有限公司」(以下、浙江日精)に変更しました。

今回の完全子会社化の目的は、中国における当社グループの二輪車用計器事業の強化にあります。中国における当社グループの二輪車用計器のシェアは現在10%ですが、これを15%とする目標を掲げ、営業・設計・生産の強化を進めています。
当社グループでは、中国の計器生産拠点として計3拠点を展開しており、浙江日精は特に中国現地系の二輪車メーカー向けの生産・販売を担っています。
中国における二輪車市場は今後さらに拡大していくことが予想されており、当社では中国でのシェア拡大を経営の重要課題と位置付けています。シェア拡大のた めには、中国現地系の二輪車メーカーへの拡販が不可欠であることから、今まで以上に迅速・的確に事業展開すべく、営業面で現地系二輪車メーカーに強みを持 つ浙江日精を完全子会社とした次第です。

浙江日精は、中国現地資本により1995年に設立されました。2005年の同社の増資の際に当社が同社に70%を出資して合弁事業を開始し、同社を当社グ ループの一員に加えました。その後、2008年9月の増資の際に出資比率を80%に引き上げるなど、当社の関与を強めてまいりました。

浙江日精では、今回の完全子会社化を機に生産・販売体制を強化することで、売上高を2008年度の3億円から2011年度には18億円へと拡大させる予定です。

当社グループでは、二輪車用計器の世界シェアを現行の31%から40%に拡大すべく、グローバルで営業・設計・生産体制の強化を進めております。
今回の浙江日精の完全子会社化の他、2008年10月には台湾の合弁会社への出資比率を49%から80%へと引き上げて連結子会社化し、2009年4月に はインドの合弁会社で新工場の建設を着工(2010年1月竣工予定)する等の施策を行い、事業の強化・拡大を図っています。これら施策により、当社グルー プの二輪車用計器のグローバル生産台数は、2008年度の1,670万台から2011年度には1,900万台とする計画です。

当社グループでは、今後も市場拡大を続ける中国・インド・ブラジルの新興国等において受注拡大を図り、2014年には二輪車用計器の世界シェア40%を実現させたいと考えております。

 

<浙江日精の概要>

社 名 浙江日精儀器有限公司 (Zhejiang Nissei Display System Co.,Ltd.)
設 立 1995年
所在地 中国 浙江省慈渓市
資本金 3,000万元
出資比率 日本精機株式会社 100%
事業内容 二輪車用計器の製造・販売
董事長 永井正二(当社代表取締役社長)
従業員 260名


以  上