Efforts for Governance|企業統治への取り組み

基本的な考え方

当社は、株主の皆様をはじめ、従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会などのステークホルダーとの信頼関係を重視しております。加えて、当社は、持続的成長と中長期的な企業価値向上の実現のため、非財務情報を含む適切思決定を支えるコーポレートガバナンス体制の実現、株主との建設的な対話が、最重要課題であると認識しております。
今後も持続的成長と中長期的な企業価値向上の実現に取り組んでまいります。

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスおよび内部
統制に関する体制の模式図
コーポレート・ガバナンスおよび内部統制に関する体制の模式図
コーポレートガバナンス体制

当社は、監査等委員会設置会社として、取締役会と監査等委員会を中心としたコーポレートガバナンス体制を構築しております。業務執行の迅速化および監督機能と業務執行機能の役割の明確化を図るため、業務執行の決定権限の一部を代表取締役社長に委任するとともに、執行役員制度を導入しております。


内部統制システム

当社は、会社法および会社法施行規則に基づき、当社の業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)を前項のように整備しており、この体制をより充実させてまいります。
当社では、会計監査人と監査等委員会との定例会を開催し、情報の共有化を図っており、また、内部監査部門と常勤監査等委員は毎月定例会を開催し、監査結果の共有と連携を図っております。
また、会計監査人、監査等委員会および内部監査部門による三様監査会議を年3回程度開催し、内部統制上の課題等の情報の共有化に努めております。

コンプライアンス

コンプライアンス宣言

日本精機グループは、より一層社会から信頼される企業集団となるために、コンプライアンス重視の経営に取り組み、社会の責任ある存在として法令および倫理を遵守し、健全な企業活動の実践を心掛けております。
私たちはコンプライアンス行動指針を制定し、取締役をはじめ従業員一人一人がその行動指針に基づいて行動することにより、社会から信頼される企業集団を目指します。
また、お客様に満足していただける価値の高い製品・サービスを提供することにより、社会の繁栄に貢献して参ります。
更に、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及びその団体に対しては、毅然とした態度で対応し、一切の関係を持ちません。
今後も継続的な改善を図り、コンプライアンスを重視した企業活動を営んでいくことを宣言します。

コンプライアンス
行動指針


コンプライアンス推進体制

当社は、コンプライアンス推進のため、代表取締役の下、コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス・オフィサーに取締役または役付執行役員を任命しております。コンプライアンス委員会は、全社横断的なコンプライアンス体制の整備および問題・課題把握と啓発活動に努め、コンプライアンス違反に関する重要な問題点について審議し、継続的改善を推進しております。 また、各業務担当取締役および執行役員は、各業務部門固有のコンプライアンスリスクの分析と対策を行い、継続的に質向上を図っております。


グループ会社におけるコンプライアンス

当社は、コンプライアンスに関して日本精機グループの年間統一方針を定め、目標を共有するとともに、グループ会社各社の状況に応じた適切なコンプライアンス体制が構築されるよう、各社にコンプライアンス計画の作成、実施状況の報告を求めるなどして、グループ全体のコンプライアンス体制管理を実施しております。


内部通報制度

当社は、公益通報者保護法を踏まえ、不正を知る従業員等からの通報を社内、社外(弁護士)の窓口で受け付け、内部通報者の保護を図りつつ、適切な調査、是正および再発防止策を講じる「内部通報制度」を構築しております。