Home > トピックス > ニュースリリース > 省電力有機ELディスプレイの5色カラーバリエーション開発に成功

ニュースリリース

省電力有機ELディスプレイの5色カラーバリエーション開発に成功

日本精機株式会社(本社:新潟県長岡市、社長:永井正二)は、昨年発表した省電力グリーン色有機ELディスプレイに続いて、白・青・アンバー・赤、計5色のカラーバリエーションでの省電力有機ELディスプレイの開発に成功しました。

当社独自の省電力化技術により、今回開発した有機ELディスプレイは、従来の白色有機ELディスプレイと比べて消費電力が50%以上低減しています。

有機ELディスプレイは自発光素子でバックライトが不要で厚みを薄くでき、高コントラスト、広視野角、高速応答の高視認性表示デバイスで、車載計器やオーディオ、携帯電話などに幅広く採用されています。

当社では有機ELディスプレイを、当社の主力製品である車載用計器や家電・OA機器用操作パネルの高付加価値化のキーデバイスとして位置付けております。2004年から車載計器用をはじめとし、携帯電話や音楽機器、産業機器、PC関連機器など幅広い分野に有機ELディスプレイを供給しており、その高信頼性と高視認性とで多くの顧客メーカーより高い信頼を得ています。

省エネ技術は今後ますますその必要性が高まることが予想されます。バッテリー駆動製品や省エネ製品には電池寿命の向上や待機電力の低減が求められており、特にそれらの製品に搭載される表示ディスプレイは、省電力化が不可欠となっていきます。

当社では、低消費電力有機ELディスプレイのカラーバリエーションを揃えること等により拡販活動を強化し、多様な製品への搭載を促進することで、省エネルギー化・省電力化に貢献してまいります。



以 上