お知らせ
2022.06.29

アルビレックス新潟レディースとの『にいがた活性パートナー』契約を継続 ~地域の子どもたちが夢や目標を持って、成長する機会に

 当社は、来季2022-2023シーズンのWEリーグ・アルビレックス新潟レディースとの「にいがた活性パートナー」契約を継続しました。わたしたち日本精機は、アルビレックス新潟レディースと共に、子どもたちへのサッカー教室開催など、人づくり・街づくりといった地域貢献活動に引き続き取り組んでまいります。

 未来ある子どもたちに夢を与え、地域の人々と共に活気ある街をつくり、地域と世界を結ぶ豊かなスポーツ文化の創造に貢献するアルビレックスのコンセプトに当社は共感し、又、WEリーグ理念にある、女性活躍、夢や生き方の多様性の尊重、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する精神は、当社の推進するSDGsの活動とベクトルが一致しているものと思料しています。
 「にいがた活性パートナー」として、子どもたちへのサッカー教室の開催・運営等に於いては、アルビレックス新潟レディースの社員・選手の方々と共に協力し、当社社員ボランティアの参画なども行ってまいります。

 私たち日本精機グループは、新潟県にサッカー文化が末永く根付き、子どもたちが夢を抱いて、活き活きと暮らすことができる人づくり・街づくりの活動に貢献してまいります。 
 
写真 左からアルビL:村松監督、園田選手、当社:佐藤社長、東常務、アルビL:滝川選手、山本社長

【アルビレックス新潟レディース 山本 英明 代表取締役社長よりコメント】
 今シーズンも日本精機様から「にいがた活性パートナー」としてご支援いただき、長岡市を中心にスポーツ振興と地域貢献活動をご一緒させていただくこととなり、大変嬉しく感じています。
 日本精機社員の皆様と選手や監督も一緒になって地元の小中学校で実施したサッカー体験会&サッカージョブ(キャリア教育)では、スポーツの楽しさや社会の仕組みを学び、夢を持つことや楽しむことを共有する大変有意義な機会であり、今シーズンも実施を予定しています。そこで触れ合った多くの学校関係者や児童学生の皆様からも、温かいご声援でチームを後押ししていただけるよう、そして日本精機様や地域の皆様とともに持続可能な社会の発展に貢献し、日頃からの応援に恩返しができるよう、全力で邁進して参ります。

【当社 東 政利 取締役 常務執行役員よりコメント】
 アルビレックス新潟レディースの皆さまと、新潟・長岡でのサッカー教室を通じて、子どもたちが夢や目標を持って成長し、地域が活性化することに我々も貢献することが出来ればと思い、この活動を継続してまいります。イベント参画した社員は、「気付き」や「活気」を貰っているようで、その後の業務にも活かされていると感じております。引き続きの活動をよろしくお願い申し上げます。

2021-2022シーズン にいがた活性パートナー 活動実績
・2021年6月:にいがた活性パートナー契約締結
・2021年8月:CO2 Lamp(CO2濃度測定器)提供サポート
・2021年12月:サッカーイベント 長岡市立 南中学校1年生 約150名参加
・2021年12月:長岡市 磯田市長を表敬訪問
・2022年3月:CO2 LampアルビレックスEDITION 寄贈&商品提供
・2022年3月:後半ホーム開幕戦 ビッグスワンスタジアム内 販売ボランティア
・2022年5月:サッカーイベント 長岡市立 千手小学校5年生 約70名参加

【関連リンク】アルビレックス新潟レディースWebsite
日本精機株式会社 にいがた活性パートナー契約締結(継続)のお知らせ | アルビレックス新潟レディース 公式ホームページ (albirex-niigata-ladies.com)
(※閲覧には 期限があることをご承知おきください。)